勾玉のペンダントヘッド

 勾玉のペンダントヘッドを作りました。

画像

 以前、浅草橋のARTで買った勾玉です。向かって左側がアメジストで、右側がグリーンアベンチュリンクォーツです。しばらく死蔵してしまったのですが、この連休を機に10mmの丸環をつけ、ペンダントヘッドにしました。

 さて、この連休を利用し、東京都世田谷区の九品山浄真寺に行ってきました。通称を九品仏といい、最寄り駅の駅名にもなっています。このお寺には、本堂の反対側に3つの阿弥陀堂があり、上品上生、上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生、下品下生という、浄土教における極楽往生の9つの階層を表す阿弥陀如来像が9体が祭ってあります。これらをあわせて九品といい、このお寺の山号と通称になっているとのことです。
 浄真寺は、深い緑に囲まれた中に本堂と阿弥陀堂がありました。緑の木々が作る結界で外の俗世と隔絶されたような雰囲気のあるお寺でした。九体の阿弥陀様のうち、上品下生の阿弥陀様だけ改修中だったのですが、阿弥陀如来像が並ぶ様子は壮観でした。

"勾玉のペンダントヘッド" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント