羊毛フェルトのふくまる

 羊毛フェルトで、猫のふくまるを作りました。

 
画像

 ふくまるは、漫画「おじさまと猫」(桜井海・著、スクウェア・エニックス・刊;ガンガンコミックス)に登場する猫です。元は、作者がTwitter(https://twitter.com/sakurai_umi_)に掲載していた漫画でしたが、人気をあつめ、出版に至った作品です。
 本作は、不細工で、それ故に売れ残っていた猫が、妻と死に別れた一人のおじさまに買われて・・・という話です。おじさまとふくまるの日々が描かれているだけで、変わったことが起きるわけでもないのですが、ほのぼのした、でも少ししんみりとする展開が、心に沁みます。ふくまるは不細工ですが、おじさまを慕う様子は非常に可愛いと感じます。そして、ピアノの椅子で爪を研いだり、猫砂をまき散らしたりとの、猫ゆえのマイペースさも許せてしまいます。
 ここでは、羊毛フェルトでふくまるを作りました。目には、ぬいぐるみ用のプラスチック製の目を埋め込んでいます。造形は漫画を見ながらそれらしく作りましたが、顔の作り方などは「うちのコにしたい!羊毛フェルト猫のつくり方」(Hinali・著、KADOKAWA・刊)を参考にしました。
 全体的には、ふくまるらしくなったと思います。しかし、柄や耳の位置が少し違っている感じです。また、本物?のふくまるよりも、スレンダーな感じになってしまいました。また、見下ろした時に目が合うように、上を向いたポーズとしました。が、このために、あごの下がやせた感じとなってしまいました。写真では目立たないのですが、ふくまるのぽっちゃりした感じが半減してしまいました。

"羊毛フェルトのふくまる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント