ガサツな魔女の手芸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS パールと座金のネックレス

<<   作成日時 : 2018/03/24 23:27   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 余らせていたパールと座金を使って、ネックレスを作りました。

 
画像

 パールに対して座金が大きすぎました。しかし、それ故にあまり見かけないデザインでもあります。身に着けてみると、思ったよりも豪華な雰囲気でした。

 さて、私の住む街でも桜が咲きました。例年、東京より数日遅れて開花する印象です。が、今年は東京で桜が開花した後に気温の低い日が続いたためか、東京よりも役一週間遅い開花となりました。
 今日は暖かかったせいか、一日で開花が進みました。昨日の夜にはほんの少し枝先に開いた花があるくらいであったのに、今日の夕方には、五分咲き位になっていました。
 桜が咲くこの季節は心が浮き立ちますが、一方で次々に咲いては散る花々を見て、季節の移ろいを強く感じる季節でもあります。椿、梅、桜、藤と、次々に様々な花が咲く時期ですが、次々に萎れて散っていく様子を目の当たりにします。萎れて散っていく花を見ると、下記の古今和歌集の小野小町の歌を思い出します。

 花の色は 移りにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに
 
 花の様子が移ろうことと、自分自身の容色が変わっていくことを重ね合わせている歌です。この花は桜と解されることが多いようです。が、個人的には桜に特定する必要はないようにも思えます。桜に限らず、今の季節は様々な花が咲いては散って行きます。桜でなくても、咲いて散る様子を見ていれば、季節の移ろいとそれに伴う花の変化を強く感じるのではと思うからです。実際、古今集の時代には花といえば梅を指すことが多かったようですので、小町は本当は梅を想定していたのかもしれません。
 ただ、梅でも桜でも連翹でも、花は移ろうものという認識は、変わらないかと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パールと座金のネックレス ガサツな魔女の手芸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる